医療脱毛の歩みについて考える

af9920059163l医療脱毛として一昔前まで行われていたのは針を使った電気分解法による電気針脱毛でした。しかしこの方法では肌を傷めることも多々あったようです。その後、針は絶縁針へと変わった訳ですが、血液検査をしたり、針の使い回しをしない、そして機器を滅菌処理しなければならないなどの注意点がありました。しかしなにより一本一本処理するという方法は確実性には優れているものの、手間と時間がかかることには変わりなかったのです。また施術の際には痛みを伴うことから、医療機関においては麻酔を用いたり、肌トラブルを起こした場合には薬を処方するなど、医療機関ならではのケアが行われていました。ですからその後のレーザー脱毛の登場は色々な点において画期的なものだった訳です。もともとレーザーはシミやほくろ、あざなどの治療のために使われていましたが、その方法は一気に広範囲を照射することによるもので今までのように脱毛に手間がかからず短時間で済むようになったのです。また、針脱毛と比べて痛みも軽減されています。そしてその確実性も高く、永久脱毛に近い効果があるということです。さらにこの医療脱毛は従来の方法と違って肌を傷めることが少なく、照射することで美白・美肌効果があることも報告されています。これらを従来の方法に比べてみると、その安全性や手間、そして高い効果からいかにレーザー脱毛の出現が画期的か分かっていただけたかと思います。この医療脱毛(レーザー脱毛)法の出現は世の多くの女性達にとって多大なる貢献だったと感じています。

コメントを受け付けておりません。